ナタリーデンタルクリニック

当院が選ばれる7つの理由

このような「お悩み」は
当院が解決します!

私達の目指す歯科治療

病気になってから歯医者を受診するのではなく、病気になる前に受診することが大切です。
「痛い治療をするのだろうか…」と不安を抱いて受診するのではなく、
予防(メンテナンス)のために気楽な気持ちで受診していただきたいと願っています。
患者様のお口の健康はもちろん、全身の健康を考慮した治療をご提供するとともに、
本当の意味での「患者様の利益」を追求し続けます。

診療のご案内

予防歯科

生涯に渡って
自分の歯で噛めるように

歯医者に対して「歯が痛くなったら行くところ」と認識している人も多いです。しかし、痛くなる前に受診し、病気の原因を取り除くことで効果的な予防が可能になります。
「毎日歯磨きしているのに虫歯になった」という声をよく耳にしますが、歯磨きだけの予防は効果的とは言えません。当院では、患者様に応じた適切なメンテナンスで、徹底した予防をサポートします。

矯正歯科

矯正治療でとびきりの笑顔に

歯並び・噛み合わせを治すメリットは、審美性を高めるだけでなく、口腔や全身の健康向上、コンプレックス解消によるメンタル面への影響など、多岐に渡ります。歯並びを気にして「思い切り笑えない」という方も多いですが、矯正治療によって笑顔に自信を持っていただきたいと思います。
矯正治療は、大人になってからでも遅くはありません。お気軽にご相談ください。

小児歯科

お子様の成長にお口の健康は欠かせません

お子様の心身の成長には、歯や顎など、お口全体の成長が大きく影響しています。そのため、歯を虫歯から守るのはもちろん、顎の正常な成長・発達をサポートし、お口の中全体を診て治療を進めることが大切です。
当院は、日本小児歯科学会専門医が治療を担当し、お口の健康を通して、お子様の健やかな成長をサポートしています。

インプラント

治療のすべてに妥協せず、
最適な治療をご提供

インプラントは、「第二の永久歯」とも呼ばれていますが、自分の歯のような噛み心地・審美性を取り戻せる治療法です。また、噛めるようになることで、さまざまな全身疾患リスクを低減し、健康寿命を延ばすことにもつながります。
当院は、治療環境・歯科材料・スタッフ教育などに妥協せず、技術の研鑽に励み、安全性の高い治療提供に努めています。

ナタリーインプラントサイトへ

理事長からのメッセージ理事長からのメッセージ

将来何本の歯を残せますか?

「80歳まで20本以上の歯を残そう」という8020運動が、厚生労働省と日本歯科医師会によって進められています。「20本」という本数は、食生活にほぼ困らないとされている本数です。
20本の歯が残っていれば、高齢になっても「食べる」ということに困ることはないでしょう。また、歯を残すことのメリットは、食生活だけにとどまりません。さまざまな全身疾患やトラブルのリスクを低減でき、健康寿命を延ばすことにもつながります。

高齢になっても、自分の歯で噛み、食べる喜びを感じ、健康でいきいきと暮らしたいものです。そのためには、歯を多く残すこと、早い段階から病気を予防することが大切です。

一度虫歯になるとその歯を失うリスクが高まります

虫歯になると、虫歯の部分を削って詰め物や被せ物をします。痛みがなくなるため、「虫歯が治った」と思う方も多いでしょう。しかし、一度削った歯は、虫歯の再発リスクが高くなります。最初は小さな虫歯でも、再発を繰り返しているうちに重症化し、最終的にはその歯を失ってしまいます。

虫歯の治療を行っても、風邪を引いた時のように、元の健康に戻すことはできません。一度削った歯は、元の健康な状態に戻せないのです。
そのため、将来に多くの歯を残すには、しっかりと予防を行い病気にならないことが大切です。歯を失う主な原因は虫歯と歯周病ですが、これらの病気を発生させない口腔環境を維持することが必要です。

将来に多くの歯を残していただくために将来に多くの歯を残していただくために

歯を失って、はじめて歯の大切さに気付くものです。「毎日歯磨きしているから大丈夫」と思っている患者様も多いのですが、歯磨きだけの予防は効果的とは言えません。病気が発生する原因はプラークだけではないため、噛み合わせや生活習慣、唾液の質・分泌量など…さまざまな角度から診て、予防していくことが求められます。

当院には多くの診療科があり、各診療科にプロフェッショナルが在籍しています。ただ単にお口のクリーニングを行うだけでなく、リスクとなり得るすべてに目を向け、多角的な視点から予防・治療を行い、患者様のお口の健康を守っていきます。

お知らせ
NEWS

  • 2017.09.19 ホームページを公開しました。