ナタリーデンタルクリニック

予防歯科が医療費の節約に!定期的な歯科受診で
生涯医療費が安くなります

定期的な歯科受診で生涯医療費が安くなります

ホーム > 予防歯科が医療費の節約に!

一生涯にかかる医療費を

ご存知ですか?

若い年代の人ほど、医療費を負担に感じていないかもしれません。しかし、厚生労働省の推計によれば、一生にかかる医療費は、2400万円となっています(厚生労働省医療保険データベースより)。医療保険制度によって自己負担額は違ってきますが、70代以降は(1割負担の場合でも)1年間にかかる医療費の平均が20万円を超えています。
いくつになっても健康に暮らすということは、QOLの高い生活が送れるというだけでなく、医療費の節約にもつながるのです。

生涯医療費のグラフ

歯の健康が医療費を安くするという調査結果

トヨタ関連部品健康保険組合(愛知県豊田市)と豊田加茂歯科医師会の共同調査で、定期的に歯科を受診して歯の健康維持に努めた人は、生涯医療費が平均よりも安くなることがわかりました。

総医療費の推移

【調査について】

組合員5万2600人の2009年度の医療費と受診歴のデータを分析し、歯石除去など予防を目的に定期的に受診した人602人を対象に総医療費を調べた

【調査結果】

  • 定期的に歯科を受診している人は48歳までは平均よりも医療費が高くなっている
  • 49歳を超えると平均よりも安くなり、その差はどんどん広がっていく
    (65歳では平均医療費よりも15万円以上安くなっている)

歯の健康が生涯医療費を
安くする理由

トヨタ関連部品健康保険組合は、調査結果について「歯が悪いと食事が偏ったり、歯並びが悪くなったりする。それが糖尿病や肩凝り、骨粗しょう症を招き、体全体の健康に影響する」と分析しています。

歯を失うことは、糖尿病だけでなく、認知症や脳血管疾患などさまざまな全身疾患のリスクを高めます。お口の健康を守ることは、全身の健康維持につながり、医療費の節約につながるのです。

歯の喪失とリスク・生涯医療費

将来の健康のために
予防歯科が大切です

小さな虫歯も、再発を繰り返すと重症化し、歯の喪失を招きます。また、歯周病は再発しやすい病気であり、多くの歯を失っている人も少なくありません。 早期治療ももちろん大切なのですが、「病気にしない」ということが最も大切です。

将来に多くの歯を残して健康を維持し、QOL(生活の質)の高い生活を送るためには、早いうちから予防歯科を始めることが大切です。
痛くなってから歯医者を受診するのではなく、痛くなる前に歯医者を受診することが大切であり、その「差」は、将来の健康や医療費に大きく表れてくるでしょう。後悔することがないように、多くの方に予防歯科を始めていただきたいと願っています。

お知らせ
NEWS

  • 2018.08.20 「インプラント無料相談会」のお知らせ
    無料のインプラント個別相談会を開催いたします。
    2018年9月8日(土)14時~
    応募はこちら
  • 2018.07.19 2018年度「歯科衛生士向け就職説明会」のお知らせ
    歯科衛生士向けの就職説明会を開催いたします。
    2018年8月19日(日)13時~
    応募・開催場所はこちら
  • 2018.07.10

    この度の西日本豪雨による被災者の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

    西日本各地に大きな被害をもたらしたこの度の豪雨により、被災された皆様ならびにそのご家族の皆様には、心からお見舞いを申し上げます。
    皆様の安全と一日も早く元の生活を取り戻すことができるよう、心よりお祈り申し上げます。

    当院におきましては、幸い大きな被害もなく通常通り診療を行っております。お見舞いのご連絡をいただいた方々に厚くお礼申し上げます。

    ナタリーデンタルクリニック スタッフ一同

  • 2017.10.24 年末年始休診日のお知らせ
    2017年12月29日~2018年1月3日は休診日となります。
  • 2017.10.23 火曜日診療日のお知らせ
    10月31日、11月21日、12月19日、12月26日は診療日となります。
  • 2017.09.19 ホームページを公開しました。