ナタリーデンタルクリニック

歯に関するよくある悩みこのようなお悩みありませんか?

このようなお悩みありませんか?

ホーム > 歯に関するよくある悩み

このような「お悩み」は
当院が解決します!

虫歯に
なりやすい

考える女性
歯磨きしているのに虫歯になってしまう 甘いものをそんなに食べないのに虫歯になる 虫歯になりやすいのは、遺伝だろうか

当てはまるものはありませんか?
「予防しているはずなのに…」という方がとても多いです。しかし、「毎日歯磨きをすれば虫歯にならない」とは限りません。

誰にでも磨き残しはありますし、人によって「虫歯になりやすさ」は違います。虫歯は、磨き残し(プラーク)だけでなく、さまざまな要因が重なることで発生するため、虫歯の発生に関係するさまざまなリスクを取り除くことが、効果的な予防につながります。

虫歯の発生図

あなたの虫歯の原因は?

自分の虫歯の原因を明確にすることをおすすめしています。当院では、唾液検査により、患者様の虫歯の原因を明確にし、効果的な予防法をご提案しています。
ただ歯磨きを行うだけの予防では不十分です。科学的根拠に基づく虫歯予防が、効果的に歯を守ります。

痛くなる前に受診することが大切です

歯の大切さは、失ってからわかるものです。歯を失う主な原因は虫歯と歯周病ですが、どちらの病気も初期症状に気づきにくく、進行させやすい特徴があります。「歯医者が苦手」という人の中には、病気に気付いても我慢できなくなるまで放置してしまう人もいます。
しかし、歯の病気は、自然治癒力で回復させることはできないため、治療しなければ進行するだけです。

痛くなってから受診するのではなく、痛くなる前の受診が大切です。「虫歯になりやすい」という方はもちろん、効果的に虫歯を防ぎたい方、将来に多くの歯を残していきたい方に、予防を目的とした歯科受診(予防歯科)をおすすめしています。予防歯科の習慣を、多くの方に身に付けていただきたいと願っています。

歯が痛い

頬を支える女性

歯が痛くなる主な原因として、虫歯が挙げられますが、知覚過敏や歯の根のトラブルなども、歯の痛み(しみる)の原因となります。 いずれにしても、痛みが生じているということは、何らかのトラブル・病気が発生している可能性が高いため、早めの受診が必要です。

虫歯が原因の歯の痛み

初期の虫歯は、自覚できるような症状はありません。そのため、歯の痛みの原因が虫歯である場合、その虫歯はある程度進行している可能性が高いでしょう。 虫歯は進行性であり、自然に治ることはありません。痛みの強さに関係なく、早めの受診が大切です。

虫歯の進行と歯の痛み 虫歯の進行と歯の痛み

お子様の歯の悩み

子供を治療中の歯科衛生士

お子様の場合、歯が痛くなる原因の多くが虫歯です。乳歯の虫歯の場合に、「生え変わるから大丈夫」と考える保護者の方も少なくありませんが、乳歯の虫歯は進行すると永久歯や歯並びに悪影響を及ぼします。 初期の虫歯ならば、削らずに治療することも可能です。少しでも早く歯科で診てもらいましょう。

知覚過敏による歯の痛み

知覚過敏による歯の痛みは、以下のような時に起こります。痛みが長く続くことはありません。
歯の表面(エナメル質)が摩耗したり、歯肉が下がったりして、象牙質が露出することによって外部からの刺激が神経に伝わることが原因です。
症状を改善するには、原因に応じた治療が必要となります。歯周病による歯肉退縮が原因で、知覚過敏の症状が起きている場合など、何らかの病気が隠れている可能性もあるため、早めの受診をおすすめします。

冷たいものを摂取した時 甘いものを摂取した時 風に当たった時 歯ブラシが当たった時など 冷たいものを摂取した時 甘いものを摂取した時 風に当たった時 歯ブラシが当たった時など

銀歯が
目立ってイヤ

頬を支える女性
銀歯が目立つから思いっきり笑えない 気になって、笑う時口に手を当ててしまう

という方は多いですが、一度入れた金属の詰め物・被せ物を、後から白い素材に変えることは可能です。

保険診療の場合、詰め物や被せ物に金属が使用されますが、口を開けた時に金属が目立つため、銀歯にしたことを後悔する方も多いです。 見た目だけでなく、金属は歯茎の着色の原因になる、虫歯の再発リスクが高いといったデメリットもあります。銀歯をセラミックなどの素材に変えることは、笑顔が素敵になるだけでなく、お口の健康維持にも多くのメリットがあるのです。

保険の白い素材が変色している

保険が提供となる白色の素材「レジン」は、時間が経つと変色し、見た目が悪くなってしまいます。
一度入れたレジンの詰め物・被せ物も、審美性の高い素材に変えることが可能です。また、レジンは変色の他、劣化しやすい、虫歯の再発リスクが高い、という特徴もあるため、セラミックを用いた治療の需要が高まっています。

入れ歯が痛い
合わない

顔をしかめ首をかしげる男性

当院は、開設当初から「入れ歯の煩わしさを解消できる、質の高い義歯製作」をコンセプトに、入れ歯治療に思い入れを持って取り組んできました。それは、保険の義歯も、保険外の義歯も同じです。
当院院長は、入れ歯治療で世界的に著名なC.O.Boucher(アメリカ)から技術を受け継いだ、岩手医科大学歯学部教授 田中久敏氏から、入れ歯作りの高い技術・知識を伝授しており、材料・製作とも妥協することなく行っています。

入れ歯の審美性や適合の良さには、使用する材料の違いもありますが、製作技術も大きく関係します。当院では、保険で上質な入れ歯を作ることも可能です。「入れ歯だから…」と諦めず、噛むことができる喜びを感じていただきたいと思います。

また、より多くの患者様に快適な入れ歯を使っていただくために、当院では、歯科医師を対象とした入れ歯セミナーも開催しています。

歯茎から
血が出る

顔をしかめながら鏡で歯茎をチェックしている男性

「痛くないから大丈夫」と、歯茎からの出血を放置している方はいませんか?
歯茎からの出血は、歯茎のトラブルのサインかもしれません。歯茎からの出血は、歯周病の初期症状の一つなのです。
ブラッシング圧が強すぎる場合にも、歯茎に負担をかけて出血する可能性がありますが、歯周病を疑って早めに受診することをおすすめします。

歯周病は歯を失う2大原因の一つ

歯周病は、虫歯と並んで歯を失う主な原因となっています。歯周病は、痛みなどの自覚できる症状がないまま、静かに進行していくため「サイレントディシーズ」とも呼ばれています。症状に気付いた頃には、重度にまで進行してしまっているというケースも珍しくないため、何らかの症状に気付いたら早めの治療が必要です。
歯周病は、歯を支える顎の骨を溶かし、歯をグラグラにします。一度に多くの歯を、歯周病によって失ってしまう場合もあるのです。

歯を失う原因の円グラフ

歯周病の悪影響は全身に及びます

歯周病の悪影響は、お口の中にとどまりません。歯周病の原因細菌が、血液に乗って全身に運ばれ、さまざまな悪影響を及ぼすことがわかってきています。
歯やお口の健康を守るため、そして、全身の健康を守るため、歯周病予防は大変重要です。歯茎からの出血は、歯周病のサインかもしれません。早めの受診た大切です。

歯周病が身体にもたらす悪影響

歯並びが
気になる

歯を気にする女性

歯並びが気になって口元に自信を持てないという方に、矯正治療をおすすめしています。矯正治療は、大人になってからでも遅くはありません。口元のコンプレックスが解消されるだけでなく、口の中の健康はもちろん、全身の健康向上にもつながります。

当院は広島大学矯正歯科と提携しています

当院の矯正治療は、広島大学の矯正歯科と提携しており、日本矯正歯科学会認定医による治療も受けられます。治療前検査として、高レベルの画像解析による診断を行い、よりお口にあった治療をご提供しています。
歯並びを整えるマルチブラケットを用いた矯正治療はもちろん、重度の症例にも対応が可能です。インプラント矯正や外科手術を併用する治療も行っています。

お子様の歯並びが気になる保護者の方へ

お子様の噛み合わせのバランスが悪くなっていると、成長に悪影響を及ぼしてしまう場合があります。お子様の矯正治療は、審美性だけでなく、健やかな成長を助けることにもつながります。
噛み合わせや歯並びが、心にも影響する場合もあるため、お子様の積極性や明るい笑顔を奪う原因にもなりかねません。矯正治療が、お子様の人生を変えることだってあるのです。

お子様の歯並びが気になっているのなら、まずは一度ご相談ください。顎の成長をコントロールすることにより、早い時期から正常な歯並びとなるように促すことも可能です。これにより、非抜歯矯正が可能となるケースも多くあります。

歯の黄ばみが
気になる

頬を支える女性

歯の美しさは、笑顔の印象を大きく変えます。そのため、近年は「歯を白くしたい」と受診される患者様が多くなっています。
天然歯の場合は、ホワイトニングで希望の色まで歯を白くできます。被せ物の変色の場合はセラミック治療、汚れによる黄ばみはクリーニングで白くできます。

ホワイトニングは歯に負担をかけません

ホワイトニングは、歯を削るなど、歯に負担をかけずに白くできる方法です。芸能人やモデルの、白い歯が見えるステキな笑顔に憧れたことはありませんか?虫歯などの病気の治療ではなく、歯の白さについてのご相談にも応じています。

もともと歯の色が真っ白ではないという方、歯磨きでは落とせない汚れが沈着してしまっている方…白い歯になりたい方は、ぜひ一度ご相談ください。患者様の口の中の状態やなりたい口元に合った治療法を、ご提案させていただきます。

高齢で歯科に
通院できない

杖をつく男性の後ろ姿

訪問歯科診療とは、外来での受診が困難な高齢の方(要介護高齢者)のための、自宅や施設で受けられる診療のことを言います。
身体的・精神的な理由で外来での受診が困難な方にも、歯科診療を必要としている方は大勢います。実際に、歯科診療を諦めてしまっている方も多いかもしれません。しかし、訪問歯科診療ならば、適切な歯科診療が受けられます。

要介護の方に多い口の中のトラブルには、虫歯や歯茎の腫れ、入れ歯の不具合、口内炎などが挙げられますが、このようなトラブルを放置することは、食欲低下の原因になります。
また、口の中の健康状態は、誤嚥性肺炎の原因にもつながるため、定期的に診療を受けることが大切です。

口から食べることの大切さ

飲み込みにくいという症状がある場合、点滴などによる栄養摂取も可能です。しかし、食べることは、楽しみの一つでもありますし、生活の質にも影響することです。

当院では、咀嚼はもちろん、嚥下(飲み込む)機能の回復、食べるためのお手伝いも行っており、飲み込むために必要な筋肉を鍛える「嚥下体操」、誤嚥性肺炎を防ぐための口の中のクリーニングなどを行います。

お知らせ
NEWS

  • 2017.10.24 年末年始休診日のお知らせ
    2017年12月29日~2018年1月3日は休診日となります。
  • 2017.10.23 火曜日診療日のお知らせ
    10月31日、11月21日、12月19日、12月26日は診療日となります。
  • 2017.09.19 ホームページを公開しました。